第76番 金倉寺 (善通寺市金蔵寺町)

ホームページを見る

金倉寺

鷄足山宝憧院金倉寺(けいそくざんほうどういん)は、四国霊場88ヶ所第76番札所。天台宗寺門派の園城寺の末寺で、本尊は薬師如来、脇に日光・月光両菩薩を安置しています。また、鎌倉時代の作で国の重要文化財の「絹本著色智証大師像(けんぽんちゃくしょくちしょうだいしぞう)」と室町時代の作で市の指定文化財の「絹本著色両界曼荼羅(けんぽんちゃくしょくりょうかいまんだら)」を所蔵しています。
 古くは景行天皇の血筋を引く和気宅成(わけのやかなり)が、父・道麿が宝亀5年(774年)に建てた仏殿をゆずり受け、道善寺と名付けたのが始まりといわれています。その宅成の子として弘仁5年(814年)に誕生したのが、円珍(智証大師)です。弘法大師の姪の子でもある円珍は、小さい頃から利発で、やがて天台宗比叡山延暦寺の5代座主となりました。
 その円珍が唐から帰り、原田の里にあった道善寺を誕生の地・金倉郷に移転し、延長6年(928年)に金倉寺と名前を改めたと伝えられています。当時は、南北8km、東西4kmの広大な敷地に132院建っていましたが、天文6年(1537年)の兵火によって全焼しました。現在の伽藍は17世紀中頃、高松藩主松平頼重公によって再興されたものです。

琴平・善通寺の観光情報一覧へ戻る

香川県の宿泊に関するご予約・お問合せ | 087-851-2661

ご予約・お問合せはこちらから

瀬戸内国際芸術祭2016

讃岐うどん味めぐりバスツアー

各エリアの観光・宿泊スポット

  • 高松
  • 塩江・東讃
  • 小豆島
  • 丸亀・坂出・宇多津
  • 琴平・善通寺
  • 観音寺・詫間
  • 宿ネット
  • 香川の水情報
  • 香川県の天気予報

PAGE TOP


Fatal error: Call to undefined function: analytics() in /home/kagawa-yado/public_html/sightseeing/detail.php on line 136