第83番  一宮寺

ホームページを見る

一宮寺


高松市郊外の田園地帯にある、小ぢんまりと閑静な寺。寺伝によると、大宝年間(701~703)に義淵(ぎえん)僧正が開基し、当初は「大宝院(だいほういん)」と称した法相宗(ほっそうしゅう)の寺だった。諸国に一宮が建立された時、行基によって堂塔を修築。讃岐国一宮・田村神社の第一別当職となり、寺号を一宮寺とした。大同年間(806~810)に弘法大師が逗留、聖観音像を刻み、本尊として安置した。このとき宗派も真言宗に改められた。天正年間、長宗我部軍の兵火にかかり、堂塔は焼失。僧宥勢(ゆうせい)によって再興された。延宝7年(1679)には、高松藩主松平頼重によって田村神社別当職を解かれ、神仏は分離した。
 境内は田村神社と隣接しており、仁王門は路地をはさんで田村神社の鳥居と向かい合っている。田村神社は和銅2年(709)創建と言われる古い神社で、宝物など見所も多く、拝参してゆくお遍路さんも多い。


DATA
本尊/ 聖観世音菩薩
開基/ 義淵僧正
住所/ 香川県高松市一宮町607
電話/ 087-885-2301

高松の観光情報一覧へ戻る

香川県の宿泊に関するご予約・お問合せ | 087-851-2661

ご予約・お問合せはこちらから

瀬戸内国際芸術祭2016

讃岐うどん味めぐりバスツアー

各エリアの観光・宿泊スポット

  • 高松
  • 塩江・東讃
  • 小豆島
  • 丸亀・坂出・宇多津
  • 琴平・善通寺
  • 観音寺・詫間
  • 宿ネット
  • 香川の水情報
  • 香川県の天気予報

PAGE TOP


Fatal error: Call to undefined function: analytics() in /home/kagawa-yado/public_html/sightseeing/detail.php on line 136