第84番  屋島寺  (高松市屋島東町)

ホームページを見る

<strong>屋島寺

景勝地・屋島山上にあり、源平合戦にもゆかりの深い寺。天平勝宝5年(753)、唐の名僧・鑑真和上が屋島北嶺にお堂を建てたのが始まり。 
 その後、弘法大師が伽藍を現在の南嶺に造営して中興開山の祖と仰がれた。鎌倉時代以降は衰退したが、江戸時代になると高松藩主の生駒家・松平家代々に庇護され再興された。
 境内には重要文化財の本堂をはじめ、大師堂、三体堂、熊野権現社、蓑山大明神社などの諸堂が並んでいる。鐘楼の釣り鐘は鎌倉時代に作られたもので、「平家供養の鐘」とも言われる。書院庭園「雪の庭」、弘法大師が宝珠を投げ入れた「瑠璃宝池(血の池)」などの見所もある。
 観光地・屋島とあってお遍路さん以外の参詣客も多い。登山は屋島ドライブウェイ(普通車610円)が一般的。旧遍路みちの登山道を登ると、途中にある「大師お加持水」や「喰わずの梨」などの霊蹟が見られる。


DATA
本尊/ 十一面観世音菩薩
開基/ 鑑真和上
住所/ 香川県高松市屋島東町1808
電話/ 087-841-9418

高松の観光情報一覧へ戻る

香川県の宿泊に関するご予約・お問合せ | 087-851-2661

ご予約・お問合せはこちらから

瀬戸内国際芸術祭2016

讃岐うどん味めぐりバスツアー

各エリアの観光・宿泊スポット

  • 高松
  • 塩江・東讃
  • 小豆島
  • 丸亀・坂出・宇多津
  • 琴平・善通寺
  • 観音寺・詫間
  • 宿ネット
  • 香川の水情報
  • 香川県の天気予報

PAGE TOP


Fatal error: Call to undefined function: analytics() in /home/kagawa-yado/public_html/sightseeing/detail.php on line 136