第87番 長尾寺  (さぬき市長尾西)

ホームページを見る

長尾寺

静御前の悲話を伝える長尾の「お観音さん」

長尾町の商店街に近く、町の人からは「お観音さん」と親しまれている。天平11年(739)、行基が道ばたの柳の木で聖観音像を彫り安置したのが始まりといわれる。大同年間(806~810)、弘法大師が入唐にあたり訪れて、年頭七夜の護摩祈祷を行った。帰朝後、大師は入唐の大願成就を感謝し、大日経一字一石の供養塔を建てたという。
 その後、寺運は栄えたが、兵火に遭い堂宇を焼失。慶長年間(1596~1614)に讃岐国守・生駒一正の援助で再興された。後、高松藩主松平頼重により庇護され、松平家の祈願寺となった。葵の紋が入った香炉や、松平家の別邸である栗林公園から移築された東門が残っている。
 また、この寺は源義経の側室である静御前が得度した寺とも言われ、静(有心尼)の位牌が残っている。正月2日の三味線餅つきや、7日の大会陽福奪い、大鏡力餅運搬競技など、お正月の行事もにぎやかだ。

DATA
本尊/ 聖観世音菩薩
開基/ 行基
住所/ 香川県長尾町西653
電話/ 0879-52-2041

塩江・東讃の観光情報一覧へ戻る

香川県の宿泊に関するご予約・お問合せ | 087-851-2661

ご予約・お問合せはこちらから

瀬戸内国際芸術祭2016

讃岐うどん味めぐりバスツアー

各エリアの観光・宿泊スポット

  • 高松
  • 塩江・東讃
  • 小豆島
  • 丸亀・坂出・宇多津
  • 琴平・善通寺
  • 観音寺・詫間
  • 宿ネット
  • 香川の水情報
  • 香川県の天気予報

PAGE TOP


Fatal error: Call to undefined function: analytics() in /home/kagawa-yado/public_html/sightseeing/detail.php on line 136